まずは、どのように動かしたいか決めて、
動き始めるスタート位置へ、アヒルを移動させます。

ここでは、右端から左端へ移動する動きをさせるため、
画面の右下の方に、アヒルのサイズを縮小して移動させました。